ビューティ情報『腸が活発過ぎると、どうして便秘になるの?』

2019年5月15日 07:20

腸が活発過ぎると、どうして便秘になるの?

胃腸を傷つける生活習慣は、食べ過ぎ・飲み過ぎだけではありません。日本人に多い消化管のがんを防ぐためにも、胃腸のケアは重要。予防医学医の奥田昌子さんが教える「胃腸を最速で強くする方法」を、毎日ひとつずつご紹介します。

shutterstock_306463214
images via shutterstock
過敏性腸症候群(IBS)は、お通じの症状をもとに、便秘型、下痢型、そして下痢と便秘を繰り返す交互型の3つのタイプに分類されます。下痢のときは便がかなり水っぽくなり、逆に便秘のときはコロコロに。同じ病気とは思えないほど違うのが特徴です。

不思議なのは、どちらも「ストレスによりコルチゾールというホルモンが分泌され、腸のぜん動運動が高まる」ことで起きること。激しいぜん動運動で内容物がどんどん押し出され、下痢になるのはわかります。しかし、便秘になるというのは理屈に合わない気がしませんか?

じつは、腸の動きは活発なら良いというわけではないのです。チューブ入りのワサビを、強い力であちこち押したときのことを考えてみてください。ワサビは少しずつ、思い出したようにしか出てこないはずです。

それと同じで、強すぎるぜん動は腸のけいれんをもたらし、便秘につながってしまいます。

新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.