ビューティ情報『ガラガラうがいは風邪予防。では、ぶくぶくうがいは何予防?』

2019年5月19日 07:20

ガラガラうがいは風邪予防。では、ぶくぶくうがいは何予防?

胃腸を傷つける生活習慣は、食べ過ぎ・飲み過ぎだけではありません。日本人に多い消化管のがんを防ぐためにも、胃腸のケアは重要。予防医学医の奥田昌子さんが教える「胃腸を最速で強くする方法」を、毎日ひとつずつご紹介します。

うがいする女性
images via shutterstock
人間が食べたものは、平均1日半ほどの時間をかけて、長さ約9メートルの消化管の中を一方通行で通過します。消化管の入り口である口の健康は、胃腸を強くするためにも大事なこと。歯周病や口内炎でしっかり噛むことができなくなると、胃腸に大きな負担がかかります。

一部の口内炎はビタミンB2の不足を原因として発生するため、口内炎になるとビタミンB2を含むサプリを摂取するという人もいるかもしれません。しかし実際のところ、ビタミン不足により発生する口内炎は全体の10~20%。ビタミンを配合された治療薬を飲んでも、じつはたいてい効果がないのです。

こういう場合は、ぜひうがいを試してみてください。うがい薬でも水道の水でも、効果はそれほど違いません。ポイントは喉まで洗う「ガラガラうがい」ではなく、口の中を清潔にするための「ブクブクうがい」をすること。

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.