ビューティ情報『ブラシでなでると肌の凸凹が減る!? 噂の美容法を皮膚科医が検証』

2019年5月5日 05:30

ブラシでなでると肌の凸凹が減る!? 噂の美容法を皮膚科医が検証

目次

・そもそもセルライトは、どうしてできるの?
・ドライブラッシングって、具体的にどうやるの?
・本当にセルライトを減らしてくれるの?
・それでも試したいなら?
・ドライブラッシングをしない方がいい人とは?
ドライブラッシング

あなたが何歳でも、それに、たとえ運動しているとしても、おそらく身体のどこかにセルライトがついてしまっているでしょう(調査によると、女性の80〜90%がそうなのです)。だから、あなたが「ドライブラッシング」に惹かれていても、誰も責めたりしませんよ。そう、ソーシャルメディアやスパのメニューで、最近よく見かける方法です。

ドライブラッシングは、皮膚のボコボコした部分をブラシでこするだけ。この方法を支持している人たちは、「セルライトが少なくなって、とってもなめらかで輝くような肌になる」と断言しています。

でも、ほとんどのセルライト“治療法”と同じように、話がうますぎるような気がしませんか? そこで、皮膚科医に話を聞きました。

そもそもセルライトは、どうしてできるの?

セルライト
image via shutterstock
「セルライト」として知られているデコボコは、皮膚のすぐ下の脂肪層にあります。

「脂肪の集まりの間にある皮膚が、線維組織の束に引っ張られてセルライトになるのです」と、ニューヨークのマウント・サイナイ・アイカーン医科大学で皮膚科の臨床准教授をつとめるハイジ・A・ウォルドーフ医師。その結果が、あのイヤなボコボコ・シワシワ肌なのです。

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.