ビューティ情報『日中の強い眠気は病気かも。ナルコレプシー7つのサイン』

2019年5月13日 05:30

日中の強い眠気は病気かも。ナルコレプシー7つのサイン

目次

・1. 力が出ない、または筋力が落ちる
・2. 頭がぼんやりする
・3. 顔や身体の動きをコントロールできない
・4. 睡眠麻痺
・5. 眠りについた直後に夢を見る
・6. 睡眠中、頻繁に目が覚める
・7. 鮮明な怖い悪夢
眠る女性

「ナルコレプシー」とは何でしょうか? なんの前触れもなく突然眠り込んでしまう病気として知っている方もいるかもしれません。

確かに、ナルコレプシーの人は突然眠り込むことがあります。実は、この病気の特徴的な症状は、日中とても眠くなること(「日中の過度の眠気(EDS)」と呼ばれます)。アメリカ国立心臓・肺・血液研究所(NHLBI)の情報サイトでは、急にやってくる「圧倒的に強い眠気」と説明されています。

ナルコレプシーの種類
ナルコレプシーの人は全員、日中の過度の眠気がありますが、誰もが前触れなく眠り込むわけではありません。

日中の過度の眠気と並んで、ナルコレプシーにはもっと小さなサインがあります。そんなわかりにくいサインを理解するにはまず、ナルコレプシーは、おとなと子どもで症状が違っていること、また2つのタイプがあることを知っておくとよいでしょう。

「1型ナルコレプシー」は、アメリカ国立神経疾患・脳卒中研究所(NINDS)によると、最も多いタイプのナルコレプシーです。

睡眠と覚醒のサイクルを調節している“ヒポクレチン”という脳内の化学物質の量が少なくなります。1型では、突然力が抜けたり、筋力がなくなったりする“カタプレクシー”という症状も出ます。

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.