ビューティ情報『「uka」代表 渡邉季穂さんが語る、雰囲気で美人をつくる方法』

2019年5月15日 10:30

「uka」代表 渡邉季穂さんが語る、雰囲気で美人をつくる方法

目次

・自分に「自信を持てること」をひとつ見つける
・ベーシックなお手入れこそが、美をつくる
・「自分に自信がなく、諦めてしまった人」にこそ、読んでもらいたい
0shutterstock_742238983

今年2月に発売され、美容のプロはもちろん、将来への不安を抱える30代の女性たちなどから大きな反響を得ている書籍、『雰囲気からして美人』。

uka代表の渡邉季穂さんが、「生まれつきの容姿と、若さが劣化しても『雰囲気』は老けない」という観点で、手や髪などのパーツケア、ファッション、そしてマインドまで、幅広く「美人と言わせるテクニック」について語った内容です。

「美人は雰囲気で決まる」と話す渡邉さんに、お話をうかがいました。

自分に「自信を持てること」をひとつ見つける

0shutterstock_462716053

「美しくいるために意識していることは?」と問いかけると、まずは「マインド」だと語った渡邉さん。

「芯にあるのは、『私は私、人は人』ということだと思います。その上で素敵だな、と思う人をみつけたら、決して人と比べてあきらめたり、ネガティブになるのではなく、その人がなぜ素敵なのか? を考えますね。

顔ではなく、着こなしや、髪や、仕草など、全体にまとうオーラが素敵な人って、いますよね。ハリウッド女優とかと比べるのではなく(笑)、できれば身近な人で。「素敵な人−自分=足りないもの」という方程式に当てはめるのです。

同じ年代で、ファッションのテイストも似ているのに、私と違うところはなんだろう? と考えます。

新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.