ビューティ情報『早食いがいけない本当の理由』

2019年5月22日 07:20

早食いがいけない本当の理由

胃腸を傷つける生活習慣は、食べ過ぎ・飲み過ぎだけではありません。日本人に多い消化管のがんを防ぐためにも、胃腸のケアは重要。予防医学医の奥田昌子さんが教える「胃腸を最速で強くする方法」を、毎日ひとつずつご紹介します。

のどを詰まらす女性
images via shutterstock
高齢者の喉のトラブルでもっとも注意が必要なのが、誤嚥(ごえん)です。誤嚥とは、飲食物がうまく飲み込めず気管に入ってしまうこと。気管がつまるだけでなく、飲食物と唾液に含まれる細菌やウイルスが気管から肺に入り込んで繁殖し、ときには死につながる誤嚥性肺炎を引き起こします。

高齢者が誤嚥を起こす理由としては、加齢により嚥下反射が適切に起こらなくなることや、歯が悪くてよく噛めないこと、唾液の量が減ることなどが挙げられます。

さらに危険なのは「早食い」の習慣です。高齢者が早食いすると、飲み込むスピードに嚥下反射がついていけず、食べたものが気管に入りやすくなるのです。

飲み込む力は40代からおとろえ始めるといわれています。若いうちからよく噛む習慣をつけるとともに、下記のことを心がけてみてください。

  • 腹式呼吸を訓練する。呼吸する力が高まり、誤嚥しても吐き出しやすくなる。

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.