ビューティ情報『牛乳は賢い選択? 「胃にやさしい食事」のウソ・ホント』

2019年5月23日 07:20

牛乳は賢い選択? 「胃にやさしい食事」のウソ・ホント

胃腸を傷つける生活習慣は、食べ過ぎ・飲み過ぎだけではありません。日本人に多い消化管のがんを防ぐためにも、胃腸のケアは重要。予防医学医の奥田昌子さんが教える「胃腸を最速で強くする方法」を、毎日ひとつずつご紹介します。

胃
images via shutterstock
「胃が弱っているときは、消化によいものを食べましょう」という言葉をよく耳にします。正確にいうと、胃はもともと消化作業をあまり行っていません。脂肪と炭水化物の消化はほぼゼロで、タンパク質を途中まで分解する程度です。

胃の主な任務は、消化の下準備。胃液を分泌しながら、ぜん動運動によって食べ物を攪拌(かくはん)し、どろどろにしています。つまり胃の負担にならないものとは、攪拌が楽で胃からスムーズに出ていくもの、ということになります。

攪拌に時間がかかるのは、脂肪と食物繊維を含む食品なので、脂肪の多い肉や魚、食物繊維の多いキノコや野菜は控えましょう。野菜を食べるなら、繊維を断つ方向でカットして細かく刻み、よく噛めば、胃の負担を減らすことができます。

ひところは「胃が荒れているときは牛乳を飲むと、粘膜に膜を張り、胃の回復を助ける」と考えられていました。

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.