ビューティ情報『冬でもないのに咳・くしゃみ。「はしか」はなぜ流行る?』

2019年5月18日 05:30

冬でもないのに咳・くしゃみ。「はしか」はなぜ流行る?

目次

・感染者は、ワクチン接種を受けていない人が多かった
・はしかは、どのようにして広がるの?
・ほかの人に感染しやすい
・はしかのサインと症状は?
・2回以上、はしかにかかることはあるの?
くしゃみ
image via shutterstock
2019年4月にニューヨーク市でおこった「はしか」の大流行。ニューヨーク市が公衆衛生の非常事態宣言を出したのは、記憶にも新しいことです。

はしかはどのようにして広がるのか、気をつけるべきサインと症状、そしてワクチンがどれほど効果的なのかについて、医師の話を聞きました。

感染者は、ワクチン接種を受けていない人が多かった

ワクチン

ニューヨーク市は、ウィリアムズバーグ地区にあるユダヤ教正統派のコミュニティではしかが大流行しているため、2019年4月、「公衆衛生の非常事態」下に。

非常事態のもとでは、大流行を食い止めるべく、特定の地域に住む人で、予防接種を受けていない場合には、MMR(はしか・おたふくかぜ・風疹)ワクチン接種を受ける義務があることを、ビル・デブラシオ市長が発表。ワクチン接種を受けないと、1000ドルの罰金が課されることとなりました。

ニューヨーク市の職員によると、患者数285人にのぼるこの大流行は2018年10月に始まりましたが、新たな患者の多くは、2019年3~4月の2か月間に確認されたそう。ほとんどの患者は、ワクチン接種を受けていないか、接種が不完全な人で、CNNの報道によると、大流行ではニューヨーク州オレンジ郡で15人、ロックランド郡で168人のはしか患者が出ています。

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.