ビューティ情報『冬でもないのに咳・くしゃみ。「はしか」はなぜ流行る?』

2019年5月18日 05:30

冬でもないのに咳・くしゃみ。「はしか」はなぜ流行る?

はしかは、どのようにして広がるの?

ウイルス
image via shutterstock
アメリカ疾病対策センター(CDC)によると、はしかは伝染性がとても強いウイルス感染症で、咳やくしゃみで拡散します。

「知られている中でも、伝染性がいちばん強い感染症のひとつです。だから、爆発的な大発生になりやすいのです」と、ジョンズ・ホプキンス健康安全保障センター(伝染病と自然災害についての研究機関)主任研究員で伝染病専門家のアメシュ・A・アダルジャ医師。

また、ヴァンダービルト大学医学部の教授で伝染病の専門家、ウィリアム・シャフナー医師によると、はしかは、ワクチン接種を受けていない人たち、とりわけ集団の中にいてワクチンを接種していないか、ワクチンを正しく接種していない人たちの間で、急速に拡散します。

ほかの人に感染しやすい

はしかウイルスは感染力が強く、なかなか厄介です。「はしかウイルスに感染すると、症状が出てくる2〜3日前から、ほかの人に伝染する状態になります。息の中にウイルスが含まれていて、近くにいる人がそれを吸い込めば感染するのです」と、シャフナー医師。

伝染性になった人が吐いた息、咳やくしゃみの中のウイルスは、大気中で2時間もその場にとどまっていられるそう。

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.