ビューティ情報『【動画あり】二の腕は動かさないとタプタプに。自宅で10分集中トレーニング』

2019年5月26日 05:30

【動画あり】二の腕は動かさないとタプタプに。自宅で10分集中トレーニング

目次

・腕を鍛えることは、怪我の予防にもつながる
・1. ハンマーカール
・2. コンセントレーションカール
・3. 左右交互に行うスピネイトカール
二の腕
image via shutterstock
筋肉トレーニングをすると腕が太くなると誤解している方が多いですが、そんなことはありません。

また、強く引き締まった腕は、単に美しいだけではないんです。腕などの全身の筋肉を鍛えて保つことは、体全体の健康維持につながります。

腕を鍛えることは、怪我の予防にもつながる

腕の筋肉を鍛えると、肩・首・背中にも効果が現れます、と『Lift to Get Lean』の著者で認定ストレングス&コンディショニングスペシャリストのホリー・パーキンスさんは言います。「腕の筋肉を強くすることで、怪我の予防になります。手荷物、買い物袋、子ども、キッチンのゴミなど、重いものを持ち上げる際に必要な筋肉です」

今回紹介するパーキンスさん考案の自宅エクササイズは、腕を鍛えて引き締めつつ、必要以上に太くならないように考えられています。ポイントは、一番上に上げたときに少し動きを止めることです、とパーキンスさん。

例えば、バイセップカールをする際は、上腕二頭筋を収縮させてダンベルを肩の近くまで持ち上げたところで、2秒間静止します。その後、ゆっくりと体の脇にウェイトを下ろしていきます。

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.