ビューティ情報『シワは3種類あること、ご存知ですか? 適切な対処法とは?』

2019年5月24日 21:45

シワは3種類あること、ご存知ですか? 適切な対処法とは?

年齢を重ねるほどに真皮に折りジワが刻まれ、表情を作っていない時にも目立つようになる。

「作り出される仕組みがそれぞれで異なり、できてしまったシワに対してスキンケアが有効なのは小ジワです。

そのシワがどんなものかを把握して、適切なケアを見極めることが大切です」(慶田先生)

ほうれい線は、スキンケアでは対処しにくい

0shutterstock_506402572(1)
image via Shutterstock
真皮まで到達している大ジワや、筋肉のクセによって生まれる表情ジワは、スキンケアで対処するのはなかなか難しいものがあります。

「たまにシワ対策の美容液をほうれい線に一生懸命塗っている人がいますが、そもそもほうれい線はその線の部分に原因があるわけではないので、あまり意味がありません」(慶田先生)

また、たるみに対処しようとして、顔の筋肉をトレーニングするケアや、激しいマッサージを行うのは逆効果という場合も。「顔の筋肉には、上方向に引き上げる“挙上筋”と下に引き下げる“下制筋”、目や口をすぼめる“括約筋”の3種類に分けられます。

例えば、広頚筋(フェイスラインから首を薄く覆う下制筋)や口角下制筋を過剰に鍛えると、フェイスラインや口角が下がってしまいます。

新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.