ビューティ情報『シワは3種類あること、ご存知ですか? 適切な対処法とは?』

2019年5月24日 21:45

シワは3種類あること、ご存知ですか? 適切な対処法とは?

挙上筋や括約筋も、動かし過ぎると表情ジワが深くなってしまいます。

残念ながら筋肉は加齢によって過発達し、拘縮する運命。一方皮膚の方は、どんどんハリが失われるので、シワが目立ってくるのです。口角を上げ、静かに微笑みをたたえる程度の静的な動きを意識すれば十分です。

また、マッサージに関しては、皮膚と骨の間にあるコラーゲン線維の束(リガメント/靭帯)を引っ張ることになるため、せっかく肌のハリ感を担ってくれているリガメントをゆるませてしまったり、切ってしまうことになります。

マラソンなどで胸を激しく揺らすとクーパー靭帯が切れてたるむのと同じで、むしろハリを失ってしまうなんてことも。垂直方向に優しく押す指圧や軽いリンパマッサージなど、ソフトなケアであれば構いません」(慶田先生)

自己流のケアは危険も伴うので、早い段階でプロに相談してみるのがよさそうです。

うっとりするような保湿時間を習慣に

保湿する女性
image via Shutterstock
では、小ジワに対するケアは「ハリを与えるケア」で問題ないのでしょうか。

「いいと思います。ハリやうるおいを与えてくれる、保湿力の高いものがおすすめです。

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.