ビューティ情報『ぽっこりお腹を解消したい。便秘のときに摂りたい腸内環境を整える栄養3つ』

2019年5月31日 16:30

ぽっこりお腹を解消したい。便秘のときに摂りたい腸内環境を整える栄養3つ

目次

・便のタイプによって摂りたい食物繊維は違う
・腸内環境を整える3つの栄養成分
・腸疲労に気をつけて!
・水分もしっかりと
便秘でトイレに座る人

お腹が張って苦しかったり、何日か便が遠のいていたり……。便秘がなかなか解消しない、と悩んでいる人も少なくないはず。

今回は管理栄養士の藤井歩さんによる、薬に頼らず腸内環境を整える方法を紹介します。

便のタイプによって摂りたい食物繊維は違う

食物繊維

腸内環境を整えるために、積極的に摂取したいと言われる「食物繊維」。実は便秘の状態によって、摂るべき食物繊維は異なります。まずは、自分の便秘がどんなタイプなのかを知り、適切な食物繊維を選びましょう。

1.便が硬くなるタイプには「水溶性食物繊維」
藤井さんによると、便が硬くなりがちな人は、水に溶け腸内の善玉菌を増やしたり、便を柔らかくしてくれる働きがある「水溶性食物繊維」を摂るとよいそう。

■水溶性食物繊維を多く含む食品
りんご、みかん、人参、キャベツ、トマト、海藻や寒天など

(「DietPlus」より引用)

2.コロコロした便や下痢タイプは「不溶性食物繊維」
一方で、コロコロとした便が出る弛緩性便秘や下痢になりやすい人は、腸内で水分を吸収して膨らみ、便のかさを増やしたり、腸のぜん動運動を活発にする働きがある「不溶性食物繊維」がおすすめです。

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.