ビューティ情報『おしっこが近くなる8つの原因。水を控えたほうがいいのはウソ?』

2019年5月31日 05:30

おしっこが近くなる8つの原因。水を控えたほうがいいのはウソ?

足、手、脚の収縮した血管は、血液を身体の中心部に移し、血圧を高めます。すると身体は上昇した血圧に反応し、正常化しようとします。これは一般的な高血圧の薬のように余分な水分を排出して行われ、このプロセスは利尿と呼ばれます。

「身体は多くの尿を作ってしまうため、膀胱は早く頻繁にいっぱいになってしまいます。そのためおしっこをするのです」(グリーンリーフ医師)。頻尿がいつも天気のために起こっているとしたら、「寒冷利尿」と呼ばれる状態にあると考えるといいでしょう。

8. もっと深刻なことが起こっている

診察
image via shutterstock
膀胱の大きさに関係なく、私たちの多くは“自分のおしっこはこんなものだろう”と考えています。しかしグリーンリーフ医師によると、おしっこの頻度が急に変わったり、とても強い尿意があれば、医師に相談するべき。隠れた健康上の問題のサインかもしれません。

例えば、「椎間板ヘルニア」で神経を圧迫している可能性があります。また、大量のおしっこは「多発性硬化症」の最初の徴候である場合も。腹部で腫瘍が成長すると膀胱を圧迫することもあります。

幸いなことにこれらはすべてまれなケースです。

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.