ビューティ情報『婦人科トラブルの相談、子宮がんの検査と治療を丁寧に/婦人科医・入江琢也先生』

2019年6月11日 21:45

婦人科トラブルの相談、子宮がんの検査と治療を丁寧に/婦人科医・入江琢也先生

目次

・VOL.4 婦人科/アイレディースクリニック新横浜入江琢也先生
・特に大切にしている診療(得意分野)は?
・どんな悩みや不安をもつ女性たちに受診してほしいと思いますか?
・婦人科医になろうと思ったきっかけや動機は?
・診療をするにあたって、大事にしていることは?
・先生ご自身が日常生活で健康のために、気をつけていることは?
・診療内容、料金目安、薬の処方方法は?
婦人科医・入江琢也先生

「この不調、どこに相談したらいいの?」「病院では、どう対処してくれるの?」と悩む一方で、いざ病院に行こうと思ったとき、「どこがいいのかわからない」「ネット検索してもどこまで信用していいのかわからない」。そんな思いに応える連載「MYLOHAS Doctors」。

VOL.4は、婦人科トラブル、特に“子宮頸がん”の検査、治療の相談に丁寧にのってくれる入江琢也先生(アイレディースクリニック新横浜 院長)を取材しました。

VOL.4 婦人科/アイレディースクリニック新横浜入江琢也先生

アイレディースクリニック新横浜

特に大切にしている診療(得意分野)は?

私の専門は、婦人科がんの検査や治療です。特に、子宮頸がんは20歳から40代に罹患率の高い疾患です。きちんと定期検診を受ければ、もしもがんが見つかったとしても、大きな手術の必要のない、初期の段階で診断が可能です。

子宮頸がん検査は、痛みもなく、1分程度で終わります。子宮頸がん検査は、細胞診が最も一般的な検査です。

自治体などで行う「子宮がん検診」でも、子宮頸部の細胞診を行います。スクリーニング検査として最も一般的に行われている検査です。検査方法は、子宮の入り口をブラシなどでこすって、細胞を採取する簡単な検査です。

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.