ビューティ情報『だらしないのと似ている甲状腺の不調。横になりたい、ど忘れする…』

2019年6月4日 05:30

だらしないのと似ている甲状腺の不調。横になりたい、ど忘れする…

目次

・1. 気分がふさぐ、不安を感じる
・2. 完全に疲れ切っている
・3. 骨量が減った
・4. 頭がぼんやりしている
・5. 生理不順
疲れ

首のところにあるチョウチョの形をした分泌腺である「甲状腺」は、身体の中でも影響力の大きな器官のひとつです。新陳代謝の調節、つまり細胞が栄養分をエネルギーに変えて、どんなふうに使うかを調節しています。最終的には、身体の状態を保つために欠かせないのです。

甲状腺の不調は気づきにくい、と言われます。前編に引き続き、わかりにくい「甲状腺の不調のサイン」をお届けします。

1. 気分がふさぐ、不安を感じる

コーヒー

「甲状腺の活性不足は、うつ症状につながる場合があります」と、ペンシルベニア大学ペレルマン医学大学院内分泌・糖尿病・代謝学部の内科学教授でアン・カッポラ医師は指摘します。甲状腺ホルモンが少なすぎると体内システムの働きが滞って、うつ病のような症状が現れます。

また、精神疾患の専門誌『BMCサイカイアトリー』で報告された研究によると、甲状腺の自己免疫性障害(まちがって自分の身体を攻撃してしまう自己抗体が原因の障害)は、不安症や気分障害と関連。その理由は医師にも正確にはわかっていませんが、いろいろな研究の結果から、甲状腺ホルモンがセロトニン(気分がよくなる脳内化学物質)の量に影響するせいではないかと考えられています。

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.