ビューティ情報『治すだけじゃない、きれいにするところまでが治療/皮膚科医・上島朋子先生』

2019年6月24日 22:45

治すだけじゃない、きれいにするところまでが治療/皮膚科医・上島朋子先生

目次

・VOL.5 皮膚科/東京ミッドタウン皮膚科形成外科ノアージュ上島朋子先生
・特に大切にしている診療(得意分野)は?
・皮膚科医になろうと思ったきっかけや動機は?
・診察をするにあたって、大事にしていることは?
・どんな悩みや不安をもつ女性たちに、受診してほしいと思っていますか?
・先生ご自身が日常生活で健康のために、気をつけていることは?
・診療内容、料金目安、薬の処方方法は?
上島先生

「この不調、どこに相談したらいいの?」「病院では、どう対処してくれるの?」と悩む一方で、いざ病院に行こうと思ったとき、「どこがいいのかわからない」「ネット検索してもどこまで信用していいのかわからない」。そんな思いに応える連載「MYLOHAS Doctors」。

VOL.5は、皮膚科トラブルを治すのはもちろん、その先のきれいにするところまでを目標にした治療を行う上島朋子(かみしま ともこ)先生(東京ミッドタウン皮膚科形成外科ノアージュ 院長)を取材しました。

VOL.5 皮膚科/東京ミッドタウン皮膚科形成外科ノアージュ上島朋子先生

エントランス

特に大切にしている診療(得意分野)は?

一般皮膚科や美容皮膚科を幅広く行っていますが、ノアージュとしては、「No Age」の名前が示すとおり、「年齢にとらわれない健やかな美しさ」を目指す、エイジングケアを目的とした治療に力を入れています。シミ、シワ、たるみ、薄毛などの治療です。

フェイシャルエステ

皮膚科医になろうと思ったきっかけや動機は?

もともとは病理医としての研究を行っていました。病理とは、その名前のとおり「病」の「理(ことわり・理由)」を研究する学問です。細胞や組織を調べて、それがどのように病気やトラブルにつながっているかを研究します。

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.