ビューティ情報『93歳のエリザベス女王がハードな公務をこなせる理由』

2019年6月9日 05:30

93歳のエリザベス女王がハードな公務をこなせる理由

目次

・1. キャサリン妃はローフードに夢中
・2. エリザベス女王の朝は、一杯の紅茶でスタート
・3. アウトドア派のウィリアム王子
・4. メーガン妃の新居はヘルスコンシャス
・5. レティシア妃はペリコーン食事法を実践中
・6. メーガン妃はときどきビーガン
・7. カール・フィリップ王子は走るのに夢中
・8. キャサリン妃は肌のお手入れに余念がない
・9. シャルレーヌ妃は元オリンピック水泳選手
エリザベス女王
image via Gettyimages
ロイヤルファミリーは、外国訪問や慈善事業などで表舞台にいる以外の時間を、食事や運動など自身の健康に気をつかうことにも費やしているようです。ハードな公務をこなす身体をつくる彼・彼女たちの健康法は?

ヨガが大好きなメーガン妃、サプリマニアのヘンリー王子など、前編8つはこちら。

1. キャサリン妃はローフードに夢中

キャサリン王妃

キャサリン妃はローフードに夢中だそう。『The Mirror』誌によれば、キャサリン妃ことケンブリッジ公爵夫人は、健康のために、週に一度はローフードだけの日を決めているのだとか。

その日は、スイカのサラダ、ガスパチョ、クコの実、セビーチェ(ペルー料理で、生の魚介類にタマネギと唐辛子を混ぜレモン汁でしめたもの)、タッブーラ(レバノン料理のパセリサラダ)、アーモンドミルクなどを食事として摂るそう。

2. エリザベス女王の朝は、一杯の紅茶でスタート

エリザベス女王

エリザベス女王に、コーヒーは絶対に出されません。『British Telecommunication』によれば、その代わりに、女王は、ティーカップで淹れたてのアールグレーをストレートで楽しむことから一日を始めるそう(もちろん、クッキーと一緒に)。

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.