ビューティ情報『頭痛に振り回されないために。天気によっておこる頭痛の対策&予防法』

2019年6月14日 10:30

頭痛に振り回されないために。天気によっておこる頭痛の対策&予防法

目次

・「もしや天気痛?」すぐにできることふたつ
・不調を「客観視」することが大切
・気圧の変化に強くなる身体づくり
雨

間もなく梅雨の季節。天気が悪くなると頭痛がする、雨が降ると昔ケガをした部位が痛む、 などの経験はありませんか?気象が関係する体調不良、「天気痛」。

前編では、その原因やメカニズムを、痛みのスペシャリストである佐藤純先生にお聞きしました。後半では対策と予防について伺います。

「もしや天気痛?」すぐにできることふたつ

天気痛

天気痛とは、自律神経の乱れによって痛み、うつ、不安といった体調不良、心にまつわる症状が発症したもの。

「痛みが過剰反応を起こしている体は、それに抵抗しようとして脳や自律神経が疲労してしまい、さらに別の痛みや体調不良を呼んでしまう可能性があります。ですから、我慢や放置はおすすめしません。

天気痛を感じたら、めまい薬を飲んでみるといいかもしれません。天気痛の原因は気圧の変化で、それにより内耳の気圧センサーが反応してしまい、自律神経が乱れ、めまいや気持ち悪さ、落ち込みなど心の病も引き起こします。ですから、内耳センサーを治める効果がある薬が有効です。

飲むタイミングは天気痛の症状が出る前がベスト。天気予報を見て、気圧低下が予想される場合は、早めに飲むのがこつです。ただし薬ですから、現在服用している別の薬などがある場合は飲み合わせなど、主治医や薬剤師さんに相談してから飲むようにしてください」

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.