ビューティ情報『生理時の頭痛はなぜ起こる? 頭痛専門医に聞く、原因と対処法』

2019年6月19日 10:30

生理時の頭痛はなぜ起こる? 頭痛専門医に聞く、原因と対処法

これがとてもやっかいで、他の時期に起こる片頭痛に比べて重症度が高く、市販の鎮痛薬では効かないことも多いとか。

しかし、「あきらめないでください」と五十嵐先生は話します。

「市販の鎮痛薬が効くなら、それは対処法のひとつとして考えて構いません。ただし、月のうち10日以上も鎮痛薬を飲むようであれば、かえって脳が痛みを感じやすくなる『薬物乱用頭痛』を引き起こしかねませんし、薬の飲みすぎは胃潰瘍になったり、腎臓に負担をかけ、高血圧の原因になったりする恐れもあります」(五十嵐先生)
頭痛外来では、強い片頭痛があれば片頭痛治療薬のトリプタンを処方します。トリプタンは、片頭痛の原因となる血管の拡張や炎症を改善する薬で、胃に負担をかけないので空腹時でも飲むことができます。

また、片頭痛がいつもきまって月経前から月経中に起こる場合は、短期予防療法といってそのタイミングだけを狙って急性期治療薬のトリプタンや消炎鎮痛薬を5日間定期的に使用する方法も有効です。

もしその期間以外にも頭痛が多いようであれば、一般的な片頭痛予防薬を毎日服用する方法をとります。

「エストロゲン量を上げれば頭痛は軽減するかもしれませんが、いつまでも上げたままにするわけにはいきませんし、下がれば頭痛は起こるので痛みを後回しにすることもあります。

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.