ビューティ情報『ストレスを抱えやすい人の脳の特徴3つ。イヤなことが頭から離れない…』

2019年6月17日 20:30

ストレスを抱えやすい人の脳の特徴3つ。イヤなことが頭から離れない…

目次

・脳の処理能力不足がストレスの一因に
・ストレスを抱えやすくなる「脳の悪い習性」3つ
脳
image via shutterstock
なぜストレスを感じると、心もつらくなるの?

最新の科学的な根拠としても、ストレスホルモンのコルチゾールの値が高いと、中年に差し掛かると健康な人であっても脳の収縮や記憶障害につながるという研究があります。そして、なんとその傾向は、男性より女性により顕著だったのです。

この新しい研究では大事なことを強調しています。ストレスは身体全体に影響を与えますが、発信源は脳だということです。コルチゾールの影響だけではなく、交通渋滞にはまったり、馬鹿にされたり、経済的な心配をかかえたりするようなつらい思いをすると、脳の「灰白質」で認識されて受け入れられるのです。幸いなことに、脳の研究から緊張を減らす効果的な方法もわかってきています。

それではなぜストレスを受けると、なぜメンタルに悪影響が及んだり、緊張でつぶされそうになったりしてしまうのでしょうか。今回は、脳とストレスの関係を探ります。

脳の処理能力不足がストレスの一因に

脳
image via shutterstock
「脳は数千年前にはうまく機能してくれたのですが、現在では否定的な感情や精神的な疲労に過敏になってしまっているところがあります。

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.