ビューティ情報『体重計ではわからない、実はやせてきている10のサイン』

2019年6月20日 05:30

体重計ではわからない、実はやせてきている10のサイン

4. 関節があまり痛くない

関節

もし関節の痛みに悩んでいるなら、それを減らすのを運動の目的に入れた方がよいでしょう。

認定パーソナルトレーナー、タラシー・グルハイチさんによると、「運動の成果を計る方法はたくさんあり、関節の痛みがなくなるのもそうです。およそ500g重くなるごとに、膝にはおよそ2kgの負担がかかります」。ですから体重計に乗るよりむしろ、関節を含む身体の調子の良さを観察します。

5. 筋肉が増していることに気づく

運動

これは、一度や二度運動したからって気づきにくいものです。One Fit Mom Fitness創設者であるコートニー・ドナルドソンさんは、成果を確認するために写真を撮ります。

体重計の目盛りは一緒でも、よりくっきりした腕の筋肉か、よりすっきりした顔の膨らみに気づくはず。それこそがすばらしい進歩のサインです。

6. 持久力が向上している

運動

「心肺を鍛えるトレーニングを簡単にこなせたり、ランニングやバイクトレーニングを数分追加できるのに気づいたりしたなら、あなたの身体には筋肉がついているだけではなく、細胞レベルでの進捗が見られていると考えられます」(ワシュタさん)。

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.