ビューティ情報『更年期になると、誰もが更年期障害になるの?【更年期、のウソ・ホント】』

2019年6月5日 22:45

更年期になると、誰もが更年期障害になるの?【更年期、のウソ・ホント】

自分の体をきちんと知ろう! をテーマの連載「カラダケア戦略術」。前回は「ホルモン補充療法(HRT)の素朴な疑問」について、お届けしました。今回は、「更年期を正しく理解して、なんちゃって情報に惑わされないための知識」を女性医療ジャーナリストの増田美加がお伝えします。

目次

・01.更年期になると、誰もが更年期障害になる?
・02.多忙な人ほど、更年期の症状が強く出やすい?
・03.初潮が早かった人は、早く閉経する?
・04.生理や出産が重かった人は、更年期の症状が重くなる?
・05.病気の治療で子宮をとっていると更年期の症状は出ない?


更年期のイラスト

01.更年期になると、誰もが更年期障害になる?

更年期というのは、思春期、性成熟期、老年期と同じように、世代を表す言葉です。更年期=更年期障害ではありません。

事実、日常生活や仕事に支障が出るような重い症状が出て、更年期障害と婦人科で診断されて、本格的な治療が必要になる人は、更年期世代の女性の全体の2割~3割程度と言われています。

また、以前は、更年期の世代に起こる症状のすべてを「更年期障害」と呼んでいましたが、今は、日常に支障があるほどのつらい症状を「更年期障害」と呼び、更年期世代だからこそ起こるさまざまな症状を「更年期症状」と呼んでいます。

なんらかの軽い更年期症状は、多くの女性が経験しますが、全ての更年期世代の女性が更年期障害を経験するわけではありません。

ですから、更年期という時期を必要以上に不安に思わなくても大丈夫です。

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.