ビューティ情報『姿勢を改善する簡単筋トレ10。立ち姿がきれいな人は腹筋を鍛えてる』

2019年7月5日 10:30

姿勢を改善する簡単筋トレ10。立ち姿がきれいな人は腹筋を鍛えてる

目次

・1. ロッキングプランク
・2. マウンテンクライマー&ダウンドッグスプリット
・3. ダウンドッグ&ニータップ
・4. プランクパイク
・5. グライダーを使ったマウンテンクライマー
・6. グライダーを使ったフロッガー
・7. プランクトータップ
・8. ハイニー
・9. ハーフバーピー
・10. タックジャンプ
腹筋
image via shutterstock
下腹部を鍛えると、歩く・走ると言った日常動作がしやすくなります。また、腰の痛みや姿勢の気になる方には、特に効果が期待できます。

前回は、認定パーソナルトレーナーのラリサ・ディディオさんが考案した10の下半身エクササイズを紹介しました。今回も引き続き、コアのすべての筋肉を鍛えつつ、下腹部をしっかり使うエクササイズを見ていきましょう。

  • 時間:40~60分
  • レップ数:8~12レップを3セット
  • 準備するもの:グライダーもしくは小さなハンドタオルを1ペア、ヨガマット

1. ロッキングプランク

あなたのブラウザーは HTML5 の video に対応していません。こちらが代わりの映像へのリンクです。

力がついてきたら、同じ動きをハイプランクでやってみましょう。

やり方:

  • 肘つきプランク(ロープランク)のポーズをとります。肘を肩の真下におき、手の指先は前に向けましょう。頭のてっぺんから足先まで、まっすぐ一本のラインになるように伸ばします。
  • コアを引き締めながら、大臀筋・大腿四頭筋・腕を使っていきます。体を10センチ程度前に動かし、肩が肘より前に出るようにします。

  • 新着ビューティまとめ
    もっと見る
    子どもの教育アンケート
    もっと見る
    記事配信社一覧
    facebook
    Facebook
    instagram
    instagram
    twitter
    twitter
    ピックアップ
    上へ戻る

    Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.