ビューティ情報『筋トレなら「肩こり」も解消できる! 可動域を広げるエクササイズ5選』

2019年7月14日 05:30

筋トレなら「肩こり」も解消できる! 可動域を広げるエクササイズ5選

スピネイティッドグリップ(アンダーハンドグリップ)を使って、上腕二頭筋を含む腕の筋肉を鍛えます。

やり方:

  • 両手にダンベルを持ったら、手のひらを天井に向けます。両手を近づけ、肘を90度に曲げます。
  • 肩甲骨を引き寄せながら、腕を横に開いていきます。肘から先を床と平行にし、肘は90度に曲げた状態をキープします。
  • 腕を最初の位置に戻します。これで1レップです。
  • 4. ステアリングホイール(ハンドル)

    あなたのブラウザーは HTML5 の video に対応していません。こちらが代わりの映像へのリンクです。

    カードライバー(運転手)とも呼ばれるこのエクササイズは、肩の前側の筋肉を鍛えながら、可動域を広げて凝りをほぐしてくれます。

    やり方:

  • 足を腰幅に開いて立ち、両手でダンベルをひとつ持ちます。手のひらを内側に向け、腕を前に伸ばします。
  • ダンベルをハンドルのように片方へ回したら、反対側にも回します。そのまま続けて、6~12レップ行ってください。
  • 5. フロント&サイドショルダーレイズ

    あなたのブラウザーは HTML5 の video に対応していません。こちらが代わりの映像へのリンクです。

    新着ビューティまとめ
    もっと見る
    記事配信社一覧
    facebook
    Facebook
    instagram
    instagram
    twitter
    twitter
    YouTube
    YouTube
    上へ戻る

    Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.