ビューティ情報『「動かないから太るんだよ!」京大名誉教授が語る、筋肉が必要なワケ』

2019年7月10日 10:30

「動かないから太るんだよ!」京大名誉教授が語る、筋肉が必要なワケ

になっていて、非常に高い「糖尿病」のリスクにもさらされている。どうしてそうなると思います?

宇宙飛行士
──無重力が関係しているのでしょうか……。
森谷敏夫さん :

そう、無重力状態にいると、筋肉をまったく使わないから。

姿勢を保ち、身体を動かす筋肉を「骨格筋」といいますが、一般的に筋肉と呼ばれているのは骨格筋のこと。骨格筋は人間の身体の4割を占めていて、ここで糖を消費したり、骨をつくりだすメッセージ物質を生み出したりしています。だから筋肉は、立派な臓器。無重力空間では筋肉が使えないから、宇宙飛行士たちは体調が悪くなる。

反対に筋肉をしっかり動かしていれば、糖尿病や骨粗しょう症になるリスクは大きく減る、ということです。
老父婦の散歩
──つまり、筋肉を鍛えることは、病気の予防につながると。
森谷敏夫さん :

そういうこと。「歩くスピードが遅い人は認知症になる確率が高い」という調査結果(東京都健康長寿研が70歳以上の1,149人を調査)が出ているように、「足腰の弱さが認知症に直結する」こともわかっています。

将来、認知症や糖尿病で寝たきりになって、誰かにオムツをかえてもらうようになりたくなければ、いまから運動して筋肉をしっかり鍛えておかないといけない。

新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.