ビューティ情報『糖質制限ですぐに体重が落ちるのはなぜ? 勘違いポイントを教授が解説』

2019年7月12日 10:30

糖質制限ですぐに体重が落ちるのはなぜ? 勘違いポイントを教授が解説

目次

・第3回まとめ
・糖質制限では、脂肪はほとんどなくならない
・人間の「脳」と「筋肉」には、炭水化物が不可欠
・【今日の宿題】朝ごはん食べましたか?
おにぎり

京大の筋肉先生こと、森谷敏夫教授の「森谷筋肉塾」夏期集中講座。前回は、「体脂肪を落とすダイエットは地道にやるしかなくて、時間がかかる」ということを教えていただきました。でも、すぐに結果が出ないというのは、もどかしいものです。

すぐに結果が出るといえば、「糖質制限ダイエット」。炭水化物をはじめとする糖質を抜けば、1週間に1kg減らすのは難しいことではありません。

糖質制限をすると、どうして簡単に体重が落ちるのか。第3回は「糖質制限ダイエット」の仕組みについて、じっくり教えていただきましょう。

「動かないから太るんだよ!」京大名誉教授が語る、筋肉が必要なワケ

第3回まとめ

  • 糖質カットをしても、脂肪はほとんど減らない。むしろ犠牲になるのは大切な筋肉!
  • 糖質制限ダイエットを繰り返すと「隠れ肥満」になって、リバウンドもしやすくなる。
  • 人間の脳と筋肉には、炭水化物が不可欠!

糖質制限では、脂肪はほとんどなくならない

糖質
──今日は「糖質制限ダイエット」について教えてください。
森谷敏夫教授 :

出たな、「糖質カット」信者め。

──そ、そういうわけではないんですが……。炭水化物を食べなくなると、すぐに体重が落ちるのはどうしてですか?
森谷敏夫教授 :

それは、身体から水分が一気に抜けるから。

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.