ビューティ情報『ホルモン乱れで体重が落ちない? 太りやすい人向けダイエット指南』

2019年7月17日 05:30

ホルモン乱れで体重が落ちない? 太りやすい人向けダイエット指南

目次

・1. 精製された小麦粉や白砂糖を減らす
・2. タンパク質と健康な脂肪でお腹を満たして
・3. 空腹感と無性に何かを食べたくなる欲求の違いを理解する
・4. 運動習慣を優先する
・5. かかりつけ医にメトホルミンや避妊薬のことを聞いてみて
・6. ストレスを減らすためにセルフケアをしてみよう
・結論:ダイエットでPCOSの症状はよくなるが、それは決して消えてなくならない
栄養
image via shutterstock
不妊の原因のひとつと言われる多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)。前回は、PCOSの基礎知識と症状をまとめました。

PCOSと診断された女性にはホルモンの乱れがあり、そのせいで新陳代謝が低下します。その結果ダイエットがうまくいかなくなります。

しかし、インスリン抵抗性を改善し、PCOSの症状をコントロールしながら安全に、そして効果的にやせる方法はたくさんあります。

「PCOSと診断された女性に一番効果的なダイエットは、健康を探求し、ライフスタイルを改善することです」とThe Happie Houseの創設者であるリサ・サミュエルさん(登録栄養士)。

「比較的簡単で、楽しめ、この先もずっと続けていけると思えるような小さな改善を少しずつ取り入れ、一生続けられる習慣として身に付けましょう」

今回は、PCOSと診断された人に試してもらいたいダイエット方法を紹介します。

1. 精製された小麦粉や白砂糖を減らす

炭水化物
image via shutterstock
パンやパスタなど精製された小麦粉でつくられた炭水化物を食べると、血糖が急上昇した後に急降下し、より空腹感が増してしまいます。

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.