ビューティ情報『紫外線対策には何を食べるといい? 「食べるUVケア」で夏に向けた肌づくり』

2019年7月24日 20:00

紫外線対策には何を食べるといい? 「食べるUVケア」で夏に向けた肌づくり

目次

・活性酸素、主なものは4種類
・一重項酸素のダメージから肌を守るために
・陽射しが強いときは色の濃い夏野菜をたっぷりと
日焼けする女性

そろそろ梅雨明けも近づく頃。となると紫外線が気になってきますよね。

紫外線は肌のエイジングを加速させてしまうだけに、ケアは怠らずに行いたいもの。日傘や日焼け止めなど、いつも以上に意識的にUVケアをする人も多いでしょう。

でも一方で「サンダルを履いてきたのに足に日焼け止めを塗り忘れた」「一日中出歩いているのに日焼け止めを塗るヒマがない」など、こまめなケアができない場合もしばしば。

そこでおすすめしたいのが、食べるUVケア。曇り空からギラッと太陽が顔を出したときも、“第二の手”を打ってあれば、慌てずにすみますよ。

活性酸素、主なものは4種類

shutterstock_226386124

紫外線ケアがかかせない理由、それはご存知の通り、活性酸素が作られてしまうから。 シミやしわの原因のひとつといえる物質です。

そもそも活性酸素とは、呼吸によって体内に入った酸素が反応しやすい状態に形を変えたもの。種類はいろいろありますが、主なものでスーパーオキシド、過酸化水素、ヒドロキシラジカル、一重項酸素の4つ。

不安定であるがゆえに、細胞やタンパク質、脂肪など体内にあるさまざまなものと反応し、相手の性質を変えてしまいます。そして傷つけられた細胞は機能を低下させてしまうことに。

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.