ビューティ情報『睡眠のプロと現役アスリートが語る、夏の夜にぐっすり眠るコツ』

2019年7月31日 07:20

睡眠のプロと現役アスリートが語る、夏の夜にぐっすり眠るコツ

目次

・夏、ぐっすり眠るために大切な5つのこと
・快適なエアコンの設定温度は?
・末續選手の快眠法は?
・きれいな空気の重要性を実感
夏の女性
image via shutterstock
夏本番、暑くて寝苦しい夜が続くと寝つきが悪くなったり夜中に何度も起きたりと、睡眠不足になりがちに。夏の夜、すこやかな眠りを得るためにできる工夫があるとしたら──?

先日、ダイソンが開催した「Dyson 快眠トークイベント」に登場したのは、快眠セラピスト・睡眠環境プランナーの三橋美穂さんと、北京五輪銀メダリストの末續慎吾さん。“夏の快眠”を得るためのヒントを教えてくれました。

夏、ぐっすり眠るために大切な5つのこと

三橋美穂さんと末續慎吾さん

眠りのプロとして活躍する三橋さん。ぐっすり眠るための基本ルールは、毎朝決まった時間に起床して体内時計を整えること、日中を活動的に過ごして疲れをため、体温のメリハリをつくること、就寝前にリラックスすること、さらに大切なのが、「寝室が快適であること」だと説きます。

三橋美穂さん :

この5番目──快適な寝室の環境を整えることが、夏の睡眠の一番のポイント。

寝床内の理想的な環境は温度が33℃±1℃、湿度が50%±5%。お布団に入って“気持ちいいなあ”と感じる時、寝床内はだいたいこの温度湿度です。

が、夏は、身体が体温を下げようとして汗をかきますので、寝床内の湿度が80%を超えることも。

新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.