ビューティ情報『プールで夏やせ! 4つの泳ぎ方のコツを五輪水泳メダリストが伝授』

2019年7月31日 20:30

プールで夏やせ! 4つの泳ぎ方のコツを五輪水泳メダリストが伝授

目次

・クロール
・平泳ぎ
・背泳ぎ
・バタフライ
水泳

暑すぎて動く気にもならない……。

そんなときには、水泳でカロリーを燃焼してみては? 水泳は、心臓血管と筋肉を一緒に鍛えることができる効率的な運動で、カロリーを燃焼させて筋肉をつくるのに最適です。

それに、水の浮力のおかげで体に負担がかからず、ケガから復活中の人や、関節痛のある人にもおすすめ。水の抵抗を受けるので、フォームをキープしようとすればするほどたくさんの筋肉を使って、身体がうまく酸素を使うようにも訓練されます。

初心者には、競泳の4つの泳法がベスト。なぜなら全身運動として、すべての主要な筋肉を動かすことになるからです。どの泳ぎ方をするかにもよりますが、足よりも上半身を使うことが多いでしょう。

「たとえばクロールの場合、長距離になるほど上半身を多く使います。水を押して身体を前に進める際に、広背筋、肩、腕をたくさん動かさなければならないし、手は頭の前に向かってぐっと伸ばすことになります」と話すのは、オリンピックのアメリカ代表選手で、オープンウォータースイミングでアメリカ人女性初のメダリストとなったヘイリー・アンダーソンさんです。

それでは、アンダーソンさんと一緒に、基本的な泳ぎ方を正しいフォームで行う方法を説明していきます。

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.