ビューティ情報『筋トレが苦手でも大丈夫。「軽い運動+タンパク質」で無理なく健康に』

2019年8月3日 19:00

筋トレが苦手でも大丈夫。「軽い運動+タンパク質」で無理なく健康に

目次

・筋肉の合成量をより多くするためのタンパク質
・運動前後に「BCAA」を補給するふたつのメリット
・「ロイシントリガー」を活用しよう
・「軽い運動+タンパク質」で無理なく健康に
プロテインを飲む女性

筋肉を増強するためには「良質なタンパク質+運動」が欠かせません。

スポーツ健康科学部教授の藤田聡先生(立命館大学)に、運動による筋肉の分解を防ぐ方法や、筋トレが苦手な人でもできる筋力アップのコツをうかがいました。

筋肉の合成量をより多くするためのタンパク質

筋トレする女性

人間の筋肉は、数ヶ月ですべてが新陳代謝によって入れ替わっているのをご存じでしょうか。筋肉を構成するタンパク質は、他のタンパク質と比べて寿命が短め。個人差はあるものの、一日に約1%の筋肉が分解され、新しく合成されています。

「筋肉を増やしたいなら、筋肉の合成量を、分解量より多くしないといけません。とくに運動をする人は、運動の前後にタンパク質を摂取すること。運動などでエネルギー消費が盛んになると、筋肉の分解が進むためです」(藤田先生)

運動前後に「BCAA」を補給するふたつのメリット

BCAA

タンパク質に含まれる必須アミノ酸のなかでも、筋肉づくりに極めて大きな役割を果たすのがBCAA(分岐鎖アミノ酸:バリン、ロイシン、イソロイシン)。BCAAが筋肉を構成する割合は、およそ35%に達しています。

筋トレなどのレジスタンス運動をすると、BCAAが筋肉を動かすためのエネルギー源としても使われ、筋肉の分解が進みます。

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.