ビューティ情報『ぐっすり眠れないのは、寝室の空気が原因!?』

2019年8月14日 07:20

ぐっすり眠れないのは、寝室の空気が原因!?

睡眠にまつわるあらゆる悩みを、1万人の眠りを変えた快眠セラピスト・三橋美穂さんが解決。20年以上にわたる研究の中で導き出された、誰でも実践できて本当に効果がある「眠トレ」=睡眠トレーニングメソッドをご紹介します。

寝室の空気をきれいに保つ
image via Shutterstock
寝室の空気は、朝晩の換気と空気清浄機を使って、きれいな空気を保ちましょう。

寝室の空気は意外と汚れています。寝具や衣類からは綿ぼこりが出ていますし、花粉やPM2.5など、外気から入ってくる汚れもたまりがちです。また、高温多湿を好むダニは寝具に多く生息し、ダニの死骸や糞を吸い込むことで、アレルギー症状を起こしやすくなります。

空気が汚れていると、呼吸が浅くなります。呼吸が浅くなると酸素を取り込む量が減り、全身に酸素が行き渡らなくなるため、疲れがとりにくくなるのです。

デンマーク工科大学は、室内の二酸化炭素量を減らすだけで睡眠の質が高まったという実験結果を報告しています。この報告によれば、翌朝の気分もよくなり、眠気も減って集中力もアップしたとか。

人間が寝室で過ごす時間は1日の約3分の1。つまり、毎日吸っている空気のうち、約3分の1は寝室で吸っているわけです。

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.