ビューティ情報『体のプロが実践する「ぐっすり眠るための工夫」6』

2019年8月3日 05:30

体のプロが実践する「ぐっすり眠るための工夫」6

目次

・夕方5時以降はワインを飲まない
・早めに照明を暗くする
・安眠マスクを着用する
・マッサージボールで回復ストレッチ
・週末に向けて全力で仕事を片付ける
・夕食はミールキットで手早く
快眠
image via shutterstock
普段から身体のことを気遣っているプロフェッショナルな人々は、毎日ぐっすり眠るためにどのような工夫をしているのでしょうか。

医療関係者と協力して活動するヨガ教師のためのコミュニティを運営しているティファニー・クルックシャンクさん。年間15万マイルも出張で飛び回っている彼女にとって、睡眠は非常に大切だといいます。

女性とペット

「ふだんからよく眠れるタイプ」というクルックシャンクさんは、寝る前の習慣を大切にしているのだそう。クルックシャンクさんがつけた「睡眠日記」から、よく眠るためのヒントを紹介しましょう。

夕方5時以降はワインを飲まない

ワイン
image via shutterstock
日曜日。デッキにペンキを塗ったりして屋外でのんびり過ごした1日の終わりに、スパークリングワインをちょっと味わったけど、明日の撮影にそなえてぐっすり眠れるように、夕方5時には飲むのをやめます。

夕食には、ケールやほうれん草など葉もの野菜をたっぷり使ったサラダを。庭で採れたイチゴも少し。夕食後に寝る準備を始め、顔を洗って歯を磨き、照明を落とす。実際にベッドに入ったのは、夜10時半から11時くらい。

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.