ビューティ情報『熱帯夜じゃなくても熱中症に注意。睡眠の質が下がるのは何℃以上?』

2019年8月13日 20:00

熱帯夜じゃなくても熱中症に注意。睡眠の質が下がるのは何℃以上?

目次

・睡眠効率が悪化するのは何度から?
・睡眠不足で肥満リスクも約2倍に
・睡眠効率を高める5つのポイント
眠れない女性

蒸し暑くてなかなか寝付けず、夜中に何度も目が覚めてしまった……。そんな夜の翌日は、いつもよりも熱中症に注意してください。

日本気象協会と日本睡眠科学研究所の共同研究によると、夜間の気温が高く、中途覚醒時間が長かった日の翌日は、熱中症のリスクが高まるとのこと。暑い夜でも快適に眠るための工夫を、睡眠と室内の温熱環境の関係を研究している水野一枝さん(東北福祉大学 感性福祉研究所)にうかがいました。

睡眠効率が悪化するのは何度から?

熱帯夜

日本気象協会と日本睡眠科学研究所は、熱中症と睡眠の関係性に注目。熱中症により救急搬送される人が多かった日の前夜の睡眠データを調べたところ、夜間に目覚めてしまう「中途覚醒」の時間が長く、睡眠効率が低くなる傾向があることがわかりました。

睡眠効率とは、就床時間に対する睡眠時間の割合のことです。今回の共同研究によると、中途覚醒が2時間以上のグループにおける、夜間平均気温の平均値は約24℃。中途覚醒が10分未満のグループの平均値は約22℃と、およそ2℃の差があったといいます(※)。

いわゆる熱帯夜とは、夜間の最低気温が25℃を下回らない日を指しています。しかし気温が24℃前後と、熱帯夜にならない日においても、睡眠にとっては過酷な状況であることがわかります。

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.