ビューティ情報『目覚めたら手に大ヤケド! 火事でも日焼けでもない、まさかの原因は?』

2019年8月8日 20:30

目覚めたら手に大ヤケド! 火事でも日焼けでもない、まさかの原因は?

目次

・植物性光皮膚炎とはズバリ何?
・植物性光皮膚炎になるとどうなる?
・痛みを軽減する方法は?
・植物性光皮膚炎を予防する方法
カクテル

映え狙いのカクテルが、まさかの展開に……!

とある夏の日。プールサイドで家族と楽しい時間を過ごしていたコートニー。きりりと冷えた氷入りのマルガリータで乾杯をしました。完璧な写真映え、そして味もいい手作りマルガリータをつくるため、コートニーは何百個ものライムを絞って氷を投入、テキーラを加え、プールに入る前にカップに分けたのです。

太陽の下でめいっぱい楽しく過ごした、その翌朝。コートニーは、自分の手が“燃える”ように熱くなっているのに気づきました。おそるおそる見てみると、手が大きく膨れ、真っ赤な水ぶくれに覆われているのです。もはや「軽いヤケド」とは言えないほどの状態に……。

これはマルガリータによるヤケドとして知られる皮膚病なのです。医学的には植物性光皮膚炎と呼ばれ、特定の植物化学物質(特に柑橘系の果物に含まれるもの)のために、皮膚が日光に敏感になり、水ぶくれをともなうヤケドを起こすことがあるもの。

今回は、植物性光皮膚炎について知っておきたいことと、防ぎ方をまとめます。

植物性光皮膚炎とはズバリ何?

ライム
image via shutterstock
ニューヨークのマウント・サイナイ医療センターの美容・臨床皮膚科の研究ディレクター、ジョシュア・ザイヒナー医師によると、特定の植物、特に柑橘系の果物にはフロクマリンと呼ばれる化合物が含まれています。

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.