ビューティ情報『起床時だけではない! 睡眠アラームの使い方』

2019年8月21日 07:20

起床時だけではない! 睡眠アラームの使い方

睡眠にまつわるあらゆる悩みを、1万人の眠りを変えた快眠セラピスト・三橋美穂さんが解決。20年以上にわたる研究の中で導き出された、誰でも実践できて本当に効果がある「眠トレ」=睡眠トレーニングメソッドをご紹介します。

就寝アラーム
image via Shutterstock
タスクが多いと「これが終わってから寝よう」と、つい睡眠を後回しにしてしまいます。そんなあなたは、「就寝アラーム」をセットしましょう。アラームは目覚ましに使うのが一般的だと思いますが、実は、眠る時間を知らせるのにも非常に役立ちます。

私のおすすめは「入浴」のタイミングに設定すること。アラームが鳴ったら、すべてのことをいったんやめて、お風呂に入るのです。やり残したことが気になるのはよくわかりますが、翌朝早起きして残りの仕事や作業を片付けたほうが、時短になります。デッドラインが決まっていたほうが、脳の回転速度が速くなるからです。

そして、もうひとつ大事なのがベッドにスマホは持ち込まないこと。スマホやタブレットの「ブルーライト」の光で脳が覚醒してしまうのです。夜間にタブレットで読書をしていると、メラトニンの分泌量が減り、翌日の眠気が強くなるという報告があります。

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.