ビューティ情報『生理中に眠くなる理由と、その眠気を上手に活用するコツ』

2019年8月25日 07:20

生理中に眠くなる理由と、その眠気を上手に活用するコツ

睡眠にまつわるあらゆる悩みを、1万人の眠りを変えた快眠セラピスト・三橋美穂さんが解決。20年以上にわたる研究の中で導き出された、誰でも実践できて本当に効果がある「眠トレ」=睡眠トレーニングメソッドをご紹介します。

生理前後は眠い
image via Shutterstock
生理前や生理中は眠くなる。いくら寝ても寝たりない……そんな症状を訴える女性は少なくありません。

これは、排卵後の高温期と関係しています。プロゲステロン(黄体ホルモン)が増加すると、基礎体温が上昇し、深部体温が下がりにくくなります。すると睡眠が浅くなり、逆に日中は眠くなってしまうのです。

これらは女性に備わっている自然のサイクル。そのリズムに合わせてゆったり過ごすのが正解です。睡眠が浅くなるぶん、すこし長めに眠るようにするとバランスが保てます。

また、このときに効力を発揮するのが入浴です。しっかり湯船に浸かって、体温のメリハリをつけてください。入浴後に体温が急降下するタイミングで眠気が強くなるので、そのタイミングでベッドに入ること。アロマや音楽も上手に取り入れながら、自分を慈しむ期間として穏やかに過ごすことをおすすめします。

30日間の「快眠トレーニング」をもっと見る
眠トレ!  ―ぐっすり眠ってすっきり目覚める66の新習慣 (単行本)

眠トレ! ―ぐっすり眠ってすっきり目覚める66の新習慣 (単行本)

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.