ビューティ情報『悪夢を見る原因は低血糖だった!?』

2019年8月27日 07:20

悪夢を見る原因は低血糖だった!?

睡眠にまつわるあらゆる悩みを、1万人の眠りを変えた快眠セラピスト・三橋美穂さんが解決。20年以上にわたる研究の中で導き出された、誰でも実践できて本当に効果がある「眠トレ」=睡眠トレーニングメソッドをご紹介します。

悪夢を見ないためには
image via Shutterstock
繰り返し見続ける悪夢に対して有効とされているのが「自律訓練法」です。手足の重みや温かさを感じながら、ゆったりと呼吸をして、体をリラックス状態に導いていくメソッドです。

また、夜間低血糖で悪夢を見やすくなるという報告もあります。夜間低血糖になると、血糖値を上げようとしてアドレナリンやコルチゾールなどが一斉に分泌され、交感神経が優位になります。その結果、悪夢や寝汗、歯ぎしり、筋肉のこわばりが増えて、朝起きたときに頭痛や肩こり、疲労感が残ってしまいます。

これを防ぐには、夕食の糖質を極力少なくすることです。ご飯やパンなどの糖質を控え、タンパク質を増やしてみましょう。もちろん、甘いデザートも控えてください。

ひどい悪夢が原因で日常生活に支障をきたすようなら、レム睡眠を抑え、不安を和らげる薬物療法もあります。睡眠専門クリニックで、相談してみてください。

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.