ビューティ情報『教授が教える、魚の健康パワー。改めて注目される魚の脂のすごさとは?』

2019年8月22日 06:30

教授が教える、魚の健康パワー。改めて注目される魚の脂のすごさとは?

目次

・大量発汗が心筋梗塞の要因に?
・魚の脂で虚血性心疾患のリスクが下がる可能性
・油(脂)の種類を覚えておこう
・日本人は「魚不足」
イワシ

夏は体内の水分を失いやすく、脱水によって血栓ができやすい季節といわれます。その状態が続くと、心筋梗塞など命にかかわる病気の要因にも。これらの予防のために、今注目されているのが魚の脂こと「フィッシュオイル」。

その働きを、疫学研究の第一人者である磯博康(いそ ひろやす)教授(大阪大学 医学系研究科 公衆衛生学)が文献として報告した内容からご紹介します。

大量発汗が心筋梗塞の要因に?

心臓

たくさん汗をかく夏は、脱水症状のほかにも注意すべき疾患があります。それは、心筋梗塞などの虚血性心疾患。発汗のため体の中の水分が不足して血栓ができやすくなり、心筋梗塞をはじめとする虚血性心疾患のリスクが高まってしまうのです。

こうしたリスクを軽減する栄養素として、改めて評価が高まっているのがフィッシュオイルです。フィッシュオイルとは青魚などから採取される油のことで、EPA(エイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)などの脂肪酸を含みます。イワシやサバなどを食べることで摂取できるため、人気のサバ缶やサプリで補っている人もいるかもしれません。

身体のダメージは絶大。「のどの渇き」以外にもある、脱水症状のサイン9つ

魚の脂で虚血性心疾患のリスクが下がる可能性

魚

このフィッシュオイルに注目し、EPAやDHAなどの「オメガ3系多価不飽和脂肪酸」

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.