ビューティ情報『少ない回数でも効果あり! お尻・太もも・コアに響く8つのスクワット』

2019年8月18日 05:30

少ない回数でも効果あり! お尻・太もも・コアに響く8つのスクワット

目次

・1. レジスタンスバンドを使ったエアスクワット
・2. 足上げスクワット
・3. ラテラルスクワットウォーク
・4. ゴブレットスクワット
・5. スクワット&クリーンアンドプレス
・6. スクワット&ウッドチョップ
・7. スクワットスラスター
・8. 相撲スクワットスウィング
スクワット

お尻もコアも引き締めたい?

スクワットは正しい方法でやれば、大臀筋だけでなく、大腿四頭筋、ふくらはぎ、さらには体幹まで鍛えることができる優れたエクササイズです。

認定パーソナルトレーナーのラリサ・ディディオさんが、大臀筋、大腿四頭筋、コアを鍛えるさまざまなスクワットを伝授。

スクワットの基本形と、定番スクワット7つは、こちら。今回は、エクササイズバンド(レジスタンスバンド)なども使う応用編を8パターンご紹介します。

1. レジスタンスバンドを使ったエアスクワット

あなたのブラウザーは HTML5 の video に対応していません。こちらが代わりの映像へのリンクです。

ウエイトを使わなくても筋力を強化することはできます。このスクワットではレジスタンスバンドを使って、自重トレーニングの強度を高めていきます。ウエイトと同じような効果を得ることができますよ。

  • レジスタンスバンドを太ももの周り、膝のすぐ上あたりに巻きます。手は体の脇に下ろし、バンドがピンと張るように足を腰幅に開きます。
  • コアと大臀筋を引き締めて、踵に重心をかけるようにお尻を後ろに引き下げます。膝がつま先と揃って、太ももが床と平行になるまで、体を下ろしていきます。

  • 新着ビューティまとめ
    もっと見る
    子どもの教育アンケート
    もっと見る
    記事配信社一覧
    facebook
    Facebook
    instagram
    instagram
    twitter
    twitter
    ピックアップ
    上へ戻る

    Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.