ビューティ情報『少ない回数でも効果あり! お尻・太もも・コアに響く8つのスクワット』

2019年8月18日 05:30

少ない回数でも効果あり! お尻・太もも・コアに響く8つのスクワット

胸を開いて背筋を伸ばしましょう。
  • スクワットを深くしていくと、バンドが伸びていきます。バンドを広げるように太ももを外側に押し開き、膝が内側に入らないようにしましょう。踵に力を入れて立ち姿勢に戻ります。これで1レップです。
  • 2. 足上げスクワット

    あなたのブラウザーは HTML5 の video に対応していません。こちらが代わりの映像へのリンクです。

    レッグリフト(足を上げる動作)を入れることで、太ももの外側やハムストリングを鍛えることができるスクワットです。

  • 足首にレジスタンスバンドを巻き、足を腰幅に開いてスクワットの体勢をとります。バンドがピンと張った状態になっているはず。
  • 大臀筋と太ももの筋肉をしっかり使いながら、踵を踏み込んで立ち上がります。左脚を後ろに持ち上げましょう。
  • 次に、右脚を後ろに持ち上げます。これで1レップです。左右交互に続けてください。
  • 3. ラテラルスクワットウォーク

    あなたのブラウザーは HTML5 の video に対応していません。こちらが代わりの映像へのリンクです。

    ただ散歩しているようにも見えますが、スクワットの体勢をキープしながらレジスタンスバンドで負荷をかけることで、太ももの外側と大臀筋にしっかりとアプローチできます。

    新着ビューティまとめ
    もっと見る
    子どもの教育アンケート
    もっと見る
    記事配信社一覧
    facebook
    Facebook
    instagram
    instagram
    twitter
    twitter
    ピックアップ
    上へ戻る

    Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.