ビューティ情報『少ない回数でも効果あり! お尻・太もも・コアに響く8つのスクワット』

2019年8月18日 05:30

少ない回数でも効果あり! お尻・太もも・コアに響く8つのスクワット

こちらが代わりの映像へのリンクです。

こちらは、ダンベルスクワットスラスターの変形で、肩と大臀筋を強化できます。もちろん、心拍数も上げることができますよ。

力がついてきたら、ふたつの動きをつなげてひとつの一連の動きにしていきましょう。つまり、スクワット後に一旦止まってからダンベルを持ち上げるのではなく、スクワットからショルダープレスを流れるように続けて行います。

  • 2つのダンベルを持ってスクワットの体勢になり、フロントラックポジション(ダンベルを肩の上に置いた状態)から始めます。手首は自然な向きで構えます。
  • 大臀筋、コア、太ももに力を入れて立ち上がり、片方のダンベルを頭上に持ち上げます。頭上で手のひらを正面に向けましょう。ディディオさんによれば、この動きで後部三角筋が鍛えられるそう。
  • ダンベルを下ろしてフロントラックポジションに戻してから、反対側のダンベルを持ち上げます。これで1レップです。左右交互に入れ替えながら続けてください。
  • 8. 相撲スクワットスウィング

    あなたのブラウザーは HTML5 の video に対応していません。こちらが代わりの映像へのリンクです。

    大臀筋と肩を鍛えながら、心拍数アップも期待できるのが、こちらのスクワット。

    新着ビューティまとめ
    もっと見る
    子どもの教育アンケート
    もっと見る
    記事配信社一覧
    facebook
    Facebook
    instagram
    instagram
    twitter
    twitter
    ピックアップ
    上へ戻る

    Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.