ビューティ情報『吹き出物だと思っていたら…まさかの「皮膚がん」! 見分け方は?』

2019年8月21日 20:30

吹き出物だと思っていたら…まさかの「皮膚がん」! 見分け方は?

皮膚がんなのに、吹き出物のように見えるのはよくあること?

ニキビ
image via shutterstock
皮膚科医にとっては日常茶飯事。「皮膚がんは最初、なかなか消えない赤い色をした盛り上がりとして現れることがあるので、吹き出物や傷に似ていることはよくあります」と、マウントサイナイ病院アイカーン医科大学皮膚科のゲイリー・ゴールデンバーグ医師は説明します。

ゴールデンバーグ医師によると、基底細胞がん(ミラーさんがかかったがん)と、またべつのタイプのがんである扁平上皮がんは、専門家以外の人から見ると、ニキビのように見えることがあるそう。

吹き出物と皮膚がんはどうやって区別する?

ニキビ
image via shutterstock
必ずしもはっきりと区別できるわけではありませんが、ゴールデンバーグ医師によると、単なる吹き出物でなく、もっと深刻なケースである場合もあるとのこと。見分け方は、以下。

  • そこから出血している
  • どんどん大きくなる
  • 膿を出そうと押さえても中から何も出てこない

医師にかかるタイミングは?

医者
image via shutterstock
ゴールデンバーグ医師によると、一般的に、吹き出物が2週間以上続く場合は、調べてもらったほうがよいとのこと。

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.