ビューティ情報『「インナードライ肌」5つの症状チェック。皮膚科医が教えるスキンケア』

2019年8月27日 12:00

「インナードライ肌」5つの症状チェック。皮膚科医が教えるスキンケア

目次

・インナードライ肌5つの症状チェック
・インナードライ肌の特徴は
・おすすめのケア方法
・エレクトロポレーション導入で水分をチャージ
・美のプロがおすすめ! インナードライ肌のスキンケアコスメ
保湿する女性

乾燥、吹き出物、ゴワつきなど。夏の終わりに発生しやすい肌トラブル3タイプについて、原因とお手入れ法を皮膚科医の髙瀬聡子先生が解説。

美容のプロがおすすめする、レスキュースキンケアプロダクツも紹介します。

インナードライ肌5つの症状チェック

ひとつ目のお悩みは、インナードライ肌 について。まずは、肌トラブルのタイプを確認。以下の項目から当てはまるものを選んでインナードライ肌になっていないかをチェックして。

【インナードライ肌 診断チェック】
□乳液やクリームを省いてケアしている。
□お肉や魚はあまり食べていない。
□洗顔後は肌がつっぱる。
□肌のくすみが気になる。
□肌がたるんできた気がする。

インナードライ肌の特徴は

肌を気にする女性

インナードライとは、内側が砂漠化している肌のこと。夏は皮脂が多く外気の湿度が高いため、肌がベタつきがち。

その状態を「潤っている」と勘違いしてスキンケアの手を抜いてしまうと、肌はどんどん乾いてしまいます。

こうなると内側の水分を守るため、肌はますます皮脂を分泌するようになり、水分と油分のバランスが崩れてしまいます。

髙瀬先生 :

屋外は湿度が高いのですが、屋内はエアコンの影響で空気が乾いていることが多い。

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.