ビューティ情報『紫外線ケアだけではシミは防げない! 「肌の糖化」を防ぐポイント2つ』

2019年9月14日 20:00

紫外線ケアだけではシミは防げない! 「肌の糖化」を防ぐポイント2つ

目次

・「糖化」が、老化と疾病の原因に
・メラノサイトを刺激し続けるAGE
・肌の糖化を防ぐふたつのポイント
シミのある女性

日やけ止めを毎日つけていても、なぜか防げないシミやくすみ。どうやら紫外線対策だけでなく、体内の“ある現象”を防がなければ、シミの増殖を止めることはできないようです。

「村上農園」のセミナーに登壇された山岸昌一教授(昭和大学医学部)の講演から、シミ・くすみ対策の新常識をご紹介します。

「糖化」が、老化と疾病の原因に

老化していく様子

糖化研究の世界的権威として知られる山岸教授。糖化とは、タンパク質と糖が熱によって結びつく反応のことです。糖が過剰にこびりつき、元に戻れなくなったタンパク質はAGE(終末糖化産物)と呼ばれ、身体にさまざまな悪影響をもたらすと話します。

「タンパク質は人間の体を作る屋台骨であり、糖は貴重なエネルギー源。そして人間には体温があるため、ある程度の糖化は避けられません。しかし過剰な糖化によるタンパク質の劣化は、老化の大きな原因となることがわかってきました。さまざまな臓器の機能が低下し、心筋梗塞やがん、認知症などの発症リスクが高まるだけでなく、薄毛や皮ふのたるみ、シミ、シワといった見た目の老化も引き起こします」(山岸教授)

メラノサイトを刺激し続けるAGE

メラノサイトの仕組み

これまでシミ対策といえば、紫外線を防ぐ日やけ止めや、美白化粧品でケアしてきたという方が多いのではないでしょうか。

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.