ビューティ情報『「顔のある部分」を引き上げるだけ。疲れない立ち方のコツ』

2019年9月3日 07:20

「顔のある部分」を引き上げるだけ。疲れない立ち方のコツ

運動しているのに、体の疲れが取れない。休息を取っているのに、いまいち調子が上がらない。それはもしかしたら人間本来の体の使い方をしていないからかも?

これまでのべ18万人以上の患者の体を治療してきた、「仲野整體(整体) 東京青山」院長の仲野孝明さんに、正しい体の使い方を学びます。

疲れない立ち方

立ち方ひとつでも疲れ方が変わるんです。背中を丸めて立っていると、途端に疲れに襲われることに。疲れない立ち方は「耳の後ろ」を引き上げるように立つのがコツ。

耳の後ろってどこ?

耳の後ろ

耳から1cmほど後ろにある、触ると硬い骨(乳様突起)。この骨をまっすぐ上に引き上げるように意識して、身長を測るようなイメージで立つと疲れないのです。

なぜかというと、耳の後ろを引き上げると、自然にあごが引かれ、胸が開き、肩甲骨が寄るから。

この3点が同時にできることで重心が自然と真ん中に移動し、背骨が正しいS字カーブとなり、体への負担がぐっと減るからです。

立つとき以外にも、歩くとき、座っているときも「耳の後ろ」を引き上げる習慣で、調子がいい状態をキープできます。

30日間の「カラダ改革」をもっと見る
調子いい! がずっとつづく カラダの使い方 (Sanctuary books)

調子いい! がずっとつづく カラダの使い方 (Sanctuary books)

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.