ビューティ情報『ものの見方を変えるだけ。眼精疲労を軽減する方法』

2019年9月16日 07:20

ものの見方を変えるだけ。眼精疲労を軽減する方法

運動しているのに、体の疲れが取れない。休息を取っているのに、いまいち調子が上がらない。それはもしかしたら人間本来の体の使い方をしていないからかも?

これまでのべ18万人以上の患者の体を治療してきた、「仲野整體(整体)東京青山」院長の仲野孝明さんに、正しい体の使い方を学びます。

頭の後ろに目があるイメージ

視神経の疲れは、かなりの疲労感をもたらします。普段、猫背であごが突き出た状態でものを見ていませんか?

この姿勢が続くと、首の後ろが圧迫されて、視神経に悪影響を及ぼします。首には頭、目、耳につながる神経が集中しているのです。

私たちは、目を通して脳でものを見ています。目から入った視覚データは、視神経を通って後頭部のあたりに送られ、脳で画像として認識しています。

疲れないコツは、頭の後ろに目があるイメージで、そこからものを見る意識を持つこと。視野が広がり疲れにくくなります。力まずにふわっと見るようにしてみてください。

30日間の「カラダ改革」をもっと見る
調子いい! がずっとつづく カラダの使い方 (Sanctuary books)

調子いい! がずっとつづく カラダの使い方 (Sanctuary books)

1,404円

購入する

眼の疲れが気になるあなたは…
ドライアイの症状チェックリスト。

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.