ビューティ情報『電車の揺れを利用する!? 通勤電車で疲れない立ち方のコツ3つ』

2019年9月17日 07:20

電車の揺れを利用する!? 通勤電車で疲れない立ち方のコツ3つ

運動しているのに、体の疲れが取れない。休息を取っているのに、いまいち調子が上がらない。それはもしかしたら人間本来の体の使い方をしていないからかも?

これまでのべ18万人以上の患者の体を治療してきた、「仲野整體(整体)東京青山」院長の仲野孝明さんに、正しい体の使い方を学びます。

通勤

毎日の通勤電車で「疲れた」と感じたら、踏ん張って立っているのかもしれません。疲れないコツは、電車の揺れに身を任せること。

倒れないようにと力んでしまうと揺れが増幅されてグラついてしまうのです。

立ち方のコツ

  • 背筋を伸ばし、つり革は中指と薬指の2本で持つ。
  • 足は肩幅くらいに開き、片方の足先を少し外側に向ける。脚の力も逃げやすくなる。
  • 膝を軽く曲げて下半身の力を抜く。
  • 背筋を伸ばしたよい姿勢で、適度に脱力して立っていると、指2本でも体を支えられ、疲れにくくなります。お試しあれ。

    30日間の「カラダ改革」をもっと見る
    調子いい! がずっとつづく カラダの使い方 (Sanctuary books)

    調子いい! がずっとつづく カラダの使い方 (Sanctuary books)

    1,404円

    購入する

    一日の疲れをほぐすおすすめアイテム
    筋肉の凝りをセルフでほぐすには? おすすめマッサージボール5つ

    肩こりやむくみは筋膜リリースで解消! フォームローラー5選

    『調子いい!がずっと続くカラダの使い方』(サンクチュアリ出版)

    新着ビューティまとめ
    もっと見る
    子どもの教育アンケート
    もっと見る
    記事配信社一覧
    facebook
    Facebook
    instagram
    instagram
    twitter
    twitter
    ピックアップ
    上へ戻る

    Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.