ビューティ情報『荷物が重たくて疲れる…を緩和するカバンの持ち方』

2019年9月18日 07:20

荷物が重たくて疲れる…を緩和するカバンの持ち方

運動しているのに、体の疲れが取れない。休息を取っているのに、いまいち調子が上がらない。それはもしかしたら人間本来の体の使い方をしていないからかも?

これまでのべ18万人以上の患者の体を治療してきた、「仲野整體(整体)東京青山」院長の仲野孝明さんに、正しい体の使い方を学びます。

疲れないバッグ

バッグは体から離れるほど、私たちは疲れを感じます。

「疲れないバッグ」の一番のおすすめはリュックタイプのもの。できるだけ疲れを感じにくくするためには、バッグは体にぴったりつけるのがよいのです。

リュックにしても、肩ひもが長すぎると荷物が揺れ、重心が後ろに傾きやすくなるので、肩ひもは短めに。これがさらにが負担を減らすコツ。

バッグが背中の上部に来るようにすると、荷物の揺れが少なくなり、ラクになります。肩ひもは太めがベターです。

30日間の「カラダ改革」をもっと見る
調子いい! がずっとつづく カラダの使い方 (Sanctuary books)

調子いい! がずっとつづく カラダの使い方 (Sanctuary books)

1,404円

購入する

肩こりを解消したい!
女性にすすめる「腕立て伏せ」6つ。肩こり解消、カロリー消費も!

肩こり・頭痛・首こりを劇的に改善する「1分間ストレッチ」3選

『調子いい!がずっと続くカラダの使い方』(サンクチュアリ出版)

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.